犬猿の中!?

公開日 2016年06月26日(Sun)

 6月25日(土)梅雨の中休み,まだ時折鶯のさえずりが聞こえる中,蝉時雨まで聞かれるようになりました。教頭が肝付町の自宅に帰ると,馬鹿犬が散歩の催促に来ます。牧之原で通勤途中出会う犬たちは,とても人懐こく側に寄って来ようとします。慌てて飼い主の方がリードを引いて制御します。牧之原の人々は大変礼儀正しく,行き交う人々は皆にこやかに挨拶をしてくださいます。犬も同様です。ところが,我が家の13歳になる老犬は人見知りが激しく,いくら声を掛けられても知らんぷりを決め込みます。「おとなしい犬ですね。」と苦笑されるのですが,本当はただの内弁慶で,散歩を催促する時などけたたましく吠えるのです。先日は,やけに吠えるものですから,嫌々ながら首にリードを付けようとすると,家人が「わーい!わーい!と言っているんだから連れて行ってあげなさい。」と言います。13歳にもなるくせにいい年してと,ぶつぶつ言いながら老犬を側に寄せると,耳元で大きな声で吠えました。頭に来た私はリードを投げつけて,思い切り蹴飛ばしてやりました。しばらく険悪な状態が続くかなと思ったのですが,1週間もしないうちにもうこんな有様です。忘却は最大の融和策ってやつでしょうか・・・。「コロ(老犬)と私は犬猿の仲だ。いや,私は猿ではない。」と言うと,家人曰く「犬猿の仲というのは,人間同士の時使う言葉だよ。」と。

004

011