第22回霧島市・県立福山高校支援活性化対策協議会

公開日 2016年07月12日(Tue)

  7月11日(月)夕方になると,雨も上がり今にも泣きそうではありますが,曇り空が一面に広がりました。この日午後6時より福山高校会議室において,霧島市主催の第22回霧島市・県立福山高校支援活性化対策協議会が開かれました。平成22年より行われているもので,近年は年3回開かれ,霧島市や商工会,地元公民館,地元小中学校,ふっぎゃまぼっけもん会,たぎろ海,福山高校後援会,同窓会,PTA等からなる約40名の大きな組織です。それに県議会議員や福山高校の代表がオブザーバーとして加わり,さらにこの日は鹿児島県教育委員会の高校教育課からもお見えになっていました。報道も取材に来ていましたので,後日新聞報道もあろうかと思われます。福山高校をさらに活性化するにはどのようにすればよいか,どのような支援が必要かというテーマで熱い議論がなされました。他校の例にならい,福山高校の魅力をいっそう高め,地域との関わりを大切にすることとか,取得する検定に一工夫する必要があるとか貴重なご意見が多数寄せられました。霧島市からは現在バス通学費の3分の2支援やバイク通学費の一部支援,資格試験合格者への受検料2分の1支援などの援助をいただいております。地域の応援に応えて,これからさらに福山高校を活性化し魅力ある学校にするために努力していくことをあらためて決意いたしました。保護者や地域の皆様方のご協力もお願いいたします。

P1020389