11月1日(火)「かごしまの教育県民週間」学校開放&授業公開1日目

公開日 2016年11月01日(Tue)

 11月1日(火)「かごしまの教育県民週間」学校開放&授業公開1日目を迎えました。2時間目が始まった頃,霧島市商工会議所青年部の方が,3年生が文化祭で展示したペットボトルのタワーを取りに来られました。12月3日から25日まで,霧島市役所前のお祭り広場付近に商工会議所で製作されたペットボトルのオブジェと一緒に展示され,夜間点灯されるのだそうです。クリスマス・イルミネーションの一環でしょうか。

 2時間目の途中,2年生の教室を覗くと,普通科では数学の授業が行われていました。普通科を2つに分割して,少人数で授業がなされており,普通科教室では寺尾先生が一次関数の直線を利用して,点と点の距離を求める方法を説明しておられました。若干早口の説明で生徒たちは分かっているのかな,と少々心配になりましたが,寺尾先生が「できた人!」と声を掛けると,生徒たちは盛んに手を上げていました。商業科は烏帽子先生の財務会計の授業で何やら仕入れと販売の仕組みらしきことを勉強していました。学校開放ということで,牧之原中学校の先生が文化祭準備の忙しい合間を縫って参観に来てくださいました。商業科教室の隣の選択教室3では崎迫先生が普通科の残り半分の生徒たちにやはり一次関数の授業をされていました。2つの平行する直線はどこまで行っても同じ距離で,決して交わることはない,それが平行ということである。なるほど,言われてみるとその通りだ。

 福山高校では7日(月)まで学校開放&授業公開を行っております。保護者や地域の皆さん,遠慮なく足をお運びください。そして,日頃の福山高校生の姿をご覧ください。

ペットボトル・タワー霧島市商工会議所へ (2)  2限2G数学(寺尾先生) (1) 

2限2C財会(烏帽子先生) (2)  2限参観者

2限2G数学(崎迫先生) (2)