11月18日(金)寺尾のインクルーシブ数学!?

公開日 2016年11月18日(Fri)

 11月18日(金)2限目数学科の寺尾先生がインクルーシブ教育実践授業公開を行われました。先生自身先週に引き続きインクルーシブ教育実践授業公開第2弾となり,かつステップアップ研修の研究授業を兼ねています。本日は先週の「数列」とはうって変わり,「ベクトル」がテーマでした。商業科の数学の授業は週2時間しかありません。その関係で3年生で初めて「ベクトル」を習うことになります。ベクトルとは何か?向きと大きさを持った量のことで,何故か文字の上に→を付けます。寺尾先生は身の回りのベクトルから入り,生徒たちを「ベクトル」の世界にぐいぐい引き込んでいかれました。「ベクトル」の概念にどのような意味があるのか,習い始めの頃は思うものです。ゆくゆくは線分の比率を計算するのに役立ちますし,おそらく測量や建築関係等にも生かされるんだろうと思います。「学問に不要なものはなし」世の中のあるいは宇宙の仕組みの一端を知り,論理的な思考力も身についていくのでしょう。生徒たちは今日も大切なことを習っていたのです。寺尾先生の独特な話術もあり,生徒たちはそれぞれに達成感を得ていたようです。

P1030654  P1030651