11月28日(月)歯科保健講話

公開日 2016年11月28日(Mon)

 11月28日(月)の午後歯科保健講話が桐原歯科の歯科衛生士吉村小百合先生をお迎えして1年生を対象に行われました。

 口の中の病気には虫歯と歯周病と2種類あるということ,その主な原因は歯垢(プラーク)と常在菌(主にミュータンス菌)であり,最終的には人体に大きな悪影響を及ぼす場合もあるというお話でした。そこで,今回の歯科保健講話となったわけです。口内の健康はとても大切であるということを学んだ上で,実際に正しい歯の磨き方を練習しました。生徒たちは,先生の指示を聞き,持参した鏡を見ながら一生懸命歯を磨く練習をしていました。中にはやり過ぎて,ゴホゴホ言う人もいましたけど・・・。歯は1本1本丁寧に磨くのが基本のようです。

歯科保健講話 (4)  歯科保健講話 (2)