11月30日(水)中学校訪問

公開日 2016年11月30日(Wed)

 11月30日(水)午前中は好天に恵まれぽかぽか陽気でした。期末考査2日目を迎え,生徒たちが一生懸命奮闘しているときに,カメラマンは中学校訪問に行って参りました。平成29年度入試の募集要項を持参して,生徒募集のお願いに伺ったわけです。近所の牧之原中学校からスタートして,国道504号線を一路市成を目指して車を走らせ,市成で県道517号線に入るとすぐに輝北中が見えてきます。次に県道517号線を離れて名もなき道を直進するとすぐに県道71号線に入ります。県道71号線を道なりに10キロちょっと走ると,東九州道の曽於弥五郎インターチェンジに到着します。そこから2,3分で岩川の市街地にに入ったところに大隅中学校があります。今度は国道269号線を一路末吉へ向かうと,10分ほどで末吉中学校に到着します。朝から4校訪問して,まだ11過ぎということで,財部へ向かうことにしました。末吉の市街地を抜けて,県道500号線を国道10号線の方へ向かいます。10号線を横切って,さらに10分ほど走ると,JR財部駅の向こうに財部中学校があります。財部中学校のそばには何と県道2号線が走っていました。500号線の次は2号線です。まだ行けると判断して,2号線を霧島神宮の方へ向かい,途中で左に折れて木原中学校へ向かうことにしました。正確には,木原小中学校ですが,途中の道路の細いことに驚かされました。紅葉が美しく色付いて,風景は素晴らしかったのですが,対向車が来るのではないかとヒヤヒヤしながら10分ほど細い道を走らせていくと,木原小中学校の風流な校舎にたどり着きました。途中,全ての中学校の写真を撮ろうと思っていたのですが,初めての道に感動していると殆どカメラを手にするのを忘れていました。木原小中学校は,実に長閑かでまさに「二十四の瞳」の世界のように昔懐かしく思われ,来て良かったと思いました。木原小中学校を後にすると,再び細い道が10キロほど続きます。国分の市街地の外れを抜けて,今度は錦江湾沿いを福山の方に走りました。福山中が7校目の訪問先です。随分走ったように思われますが,飛び込みの訪問ということもあり,長居をしなかったのでほぼ午前中で帰り着くことができました。来年の春には大勢の受験生が福山高校に集まって欲しいと思います。中学生の皆さん,お待ちしております。(^o^)

P1030699  P1030700