1月17日(火)インクルーシブ教育研究会第7弾!~ハローワークによる障害者に対する就職支援について~

公開日 2017年01月17日(Tue)

 1月17日(火)阪神淡路大震災から22年目を迎えたこの日,午後4時よりインクルーシブ教育研究会第7弾が福山高校校長室で行われました。今回のテーマは「ハローワークによる障害者に対する就職支援について」で,県の特別支援教育雇用サポート連携事業の雇用支援に関する連絡協議会の委員も務める地歴公民科で生徒指導主任でもある瀬戸口先生が報告してくださいました。障害者雇用率制度や障害者雇用納付金制度等,何となく朧気に理解していたことを明確に説明していただき,大変勉強になりました。障害者の就職に係る現状と課題についても,高等学校における進路指導のあり方が大切であること,ハローワークだけでなく障害者就業・生活支援センター(「中ポツ」と言うのだそうです)などの関係機関との連携も有効であることも分かりました。1,2年次からの準備が必要なようです。出席者からは生徒の進路,人生に関わることなので,支援方法などについていろいろ質問や意見が飛び交い,いつ果てるとも知れないほどでした。指導のあり方のヒントは見えてきましたので,後は具体的にいかに実践できるかです。

P1040203  P1040204

P1040205  P1040210

P1040212  P1040216

 インクルーシブ教育研究会,次回は明後日19日(木)午後4時から「新しいスキルの実際例~様々な発達障害のある生徒の具体的対応について~」と題して,スクールカウンセラーの佐々木浩介先生にご講話いただきます。いよいよ大詰めを迎えることになります。来週月曜日には校長先生自ら「合理的配慮普及推進セミナー福岡大会」の報告をされます。そこで,一段落ですが,もしかしたらまだ続くのか・・・。(^_^;)