3月1日(水)福山高校第30回卒業式

公開日 2017年03月01日(Wed)

 3月1日(水)今にも泣き出しそうな曇り空ながら,必死に堪えているのが窺えます。午前9時55分予定より少し早めに(?)福山高校第30回卒業式が始まりました。吹奏楽同好会が奏でるパッヘルベルのカノンに合わせて卒業生33名が入場してきます。卒業式本番を迎えて,商業科担任の寺尾先生はお父様のご不幸がありましたが,この日だけはとおいでになりました。担任の先生方が一人一人呼名されて,卒業証書授与が33名一人一人に校長先生から行われました。10分余りBGMとして使われたのは,ハイドンの弦楽四重奏曲第77番の第2楽章いわゆる「皇帝讃歌」です。牧PTA会長の来賓のご祝辞は,瑞稀さんへの思いも重なり,感極まったものでした。33名それぞれの物語がこの3年間,そして18年間にはあったわけで,保護者の皆様方の感動は一入でしょう。在校生送辞は生徒会長の2年商業科の大山美早希さん(牧之原中出身),卒業生答辞は前生徒会長普通科の重田勇人君(舞鶴中出身),本番ではそれぞれ堂々としたものでした。校歌斉唱はもちろん吹奏楽同好会の伴奏,昨日の予行より一段と腕を上げていました。3年生が大きな声で,多分最後の校歌の合唱を聴かせてくれたのがさらに印象的でした。

P1040913  P1040915

P1040918