3月16日(木)薬物乱用防止教室

公開日 2017年03月16日(Thu)

 3月16日(木)午後6時間目薬物乱用防止教室が体育館で行われました。学校医の山形先生においでいただき,薬物乱用の恐ろしさをお話しいただきました。麻薬や覚醒剤,危険ドラッグというものは,東京や大阪などの都会にだけあるものではなく,またテレビのドラマの中の話でもないようです。少し無理すれば,鹿児島でも手に入る可能性がある,つまり危険性は確実に身近に迫ってきているのです。薬物の恐ろしさは健康を害するということはもちろん,犯罪などに発展する可能性が極めて高いということだと先生は仰います。薬物に手を染めたら,間違いなく一生を棒に振ると考えていいでしょう。生徒たちは,今回の講演で,薬物の恐ろしさを身をもって感じてくれたはずです。山形先生,短い時間ではありましたが,貴重なお話ありがとうございました。

薬物乱用防止教室 (2)薬物乱用防止教室 (5)