4月23日(日)福山高校リレー・ブログ第1回

公開日 2017年04月23日(Sun)

 4月23日(日)はサン・ジョルディ(Diada de Sant Jordi)の日です。スペインのカタルーニャ地方のキリスト教の守護聖人ゲオルギウスの聖名祝日,つまり殉教した命日です。この日はたまたま「ドン・キホーテ」で有名な文豪セルバンテス Miguel de Cervantes Saavedra (1547-1616)の命日でもあり,さらにはイギリスの同じく文豪シェイクスピア William Shakespeare (1564-1616)の命日でもあることから,20世紀初頭にスペインで始まった,友人に本を贈る催しの日です。実際には,当時のスペインとイギリスの使われていた暦は異なるので,セルバンテスとシェイクスピアの命日は一致しないのだそうですが。日本では,4月23日はいつの間にか「子ども読書の日」と定められています。要するに,春の読書週間の始まりです。是非図書館に足を運び,本を1冊手に取ってみてください。

 ちなみに,今日は我が家の老犬コロの14歳の誕生日でもあります。14年前の6月23日生後ちょうど2か月で,我が家にやって来たコロは,鶏や庭の畑の作物をタヌキから守る役目が与えられます。当時小学4年生の娘は,私が「サン・ジョルディ」と名付けようと言ったら,そんな訳の分からない名前は嫌だ,ころころしているから「コロ」だと平凡な名前を付けてしまいます。確かに当時のコロは,現在とは似ても似つかぬ和風総本家の茶色い方の豆助そっくりでした。今の老いぼれぶりを見ると,「コロ」で良かったのでしょう。「ロシナンテ」の方がお似合いですけど・・・。

コロ14歳 (7)

 さて,福山高校リレー・ブログ第1回は商業科の恒松先生です。厳正なるくじ引きで始まったブログの順番ですが,意図的に一番くじを引いた節があります。早く済ませてしまおうというのではなく,張り切って書いていただいたようです。福山高校の商業科の生徒たちの頑張りを伝えていただいております。

 
福山高校リレー・ブログ第1回

 4月20日(木) 商業科の生徒の様子

 福山高校では現在家庭訪問期間中で午後は授業がないためお昼過ぎに帰る生徒が大半です。15時頃に情報処理室を覗いてみると3年生の2人の姿が見受けられます。2人は商業科の生徒で6月の検定に向けて勉強しているようです。商業科は6月と1月後半から2月前半にかけて毎週日曜日に続けて検定試験が行われています。商業科の検定ラッシュです。

 2人の目標を聞いてみました。

 Aさん ○ 7種目1級取得する。  

             ○ サービス接遇1級取得する。

             ○ 日商簿記2級合格する。

 B君  ○ 全商簿記1級(原価計算・会計)を必ず合格する。

      ○ 5種目1級を取得する。

            ○ 日商簿記2級合格する。

DSC01470DSC01469

 2人の目標を聞いていて私の高校時代を思い出します。私自身も商業高校で検定合格のために努力した時期がありました。検定ラッシュのときになかなか伸びずに悔しい思いと戦い続けたことがあります。私もあの頃は2人みたいに輝いていたことでしょう。懐かしいです・・・。

 2人の力となれるように商業科職員一丸となってサポートしていきたいと思います。是非,努力の成果を発揮して欲しいと思います。

DSC01472

  福山高校商業科 ファイト !!

4月20日(木) 福山高校 商業科 恒松 勇貴