4月30日(日)福山高校リレー・ブログ第3回は近藤先生です!

公開日 2017年04月30日(Sun)

 4月30日(日)やっと4月最後の日になりました。本日は好天に恵まれ,一足早く5月の風(?)が感じられ,新緑の季節真っ盛りといった実に心地よい気分が感じられます。桜の花は完全に散りましたが,青々とした緑が生命の躍動を感じさせます。遠くの山々も緑の濃淡が一際鮮やかに感じられます。紅葉の季節ほどの賑やかさはありませんが,生命がほとばしり始めた大地の勢いと言ったようなものが心を躍らせます。鶯や雀,そして畑に目を移せば,雲雀の囀りが一際印象的です。烏や山鳩も幾分曇徴な鳴き声で,通奏低音のように脇を固めています。1年で一番素晴らしい,気持ちのいい季節であることは間違いありません。

 さて,福山高校リレー・ブログは順調に続いています。第3回は英語科の近藤先生の登場です。実は,弓道部の顧問でもある近藤先生は弓道2段の腕前なんです。

 
福山高校リレー・ブログ第3回

今日は,福山高校弓道部の練習を紹介します。

本校の弓道場は,自然豊かな校庭の一角にあります。時折さわやかな風が吹き抜けて,鳥のさえずりも聞こえてくるので,ちょっとした癒しの場所でもあります。そんな素晴らしい道場で,今日も部員が練習に励んでいます。新入部員も入り,大会も近づいてきて,いつもより練習に気合いが入っています。陽を浴びてまぶしく輝いている,28メートル先の的に向かって,集中して弓を引いています。矢をつがえて弓を引くと,静かな道場に弦音(つるね:矢を放ったときの音)だけが響き渡ります。その後も,また静かな時間が流れていきます。道場は忙しくて慌ただしい日常を忘れさせ,静寂の中でただひたすらに集中できる時間を過ごすことができる,すばらしい場所でもあります。

しかし。練習してもなかなか矢が的に当たらず,時には部員の深~いため息が聞こえてくることも...。「射は仁の道なり」です。頑張れ!福高弓道部!

弓道部 (3) 弓道部 (5)