5月14日(日)下牧之原地区大運動会

公開日 2017年05月14日(Sun)

 5月14日(日)昨日とはうって変わり,五月晴れの好天に恵まれました。午前8時30分より牧之原小学校運動場におきまして,下牧之原地区大運動会が行われました。開会式を前にいきなり玉入れが始まりました。最初から大変な熱気です。下牧之原地区をさらに4つに分けて赤組,青組,黄組,白組による対抗戦です。短距離走やリレーなどの通常の種目に加えて,「けつあつ測定」や「かんつけ」などの地域の運動会らしいユニークな競技もありました。小中学校や養護学校の校長先生や教頭先生方と一緒に来賓種目に出場しました。黒い液体(墨汁?)を一升瓶にリレーで注いでいく「かんつけ」は率なくできましたが,ゲートボールの球をスティックで叩いて小さなゲートを通していくリレー,文字通り「ゲート通し」は2回も失敗してしまいました。それでも来賓チームは1位になりましたが,もちろん他の方が全員1回でゲートを通したからです。競技を面白くするのには貢献できたと思います・・・。(^_-)-☆

P1050626P1050628

 「老犬コロの繰り言その3」をこっそり紹介します。コロの言っていることは必ずしも事実とは一致しませんので,無闇に誤解しないでください。所詮犬の言っていることですから・・・。(^_-)

 
老犬コロの繰り言その3
PA0_0103

 ところで老犬とは随分失礼な言い種ではないか。最近旦那はわしのことを「コロじい」とか「おじいちゃん」と呼ぶようになった。確かに耳も遠くなったし,目も一段と悪くなった。縁側には軽く飛び乗っていたが,随分長く上がっていない。衰えたと言われればその通りなのじゃが・・・。繰り言とは何事じゃ。わしらは(もちろん他の犬のことは知らんが)至って刹那的な生き物で,つまらないことに拘泥することなどないのじゃ。目の前にパンかお肉があればそれでいいのじゃ。

 散歩の話に戻ろう。いや視察じゃ。視察の途中,わしは1,2回ウンチをする。もちろんそれは突然催したからなんかじゃない!マーキングという,自分の縄張りを示す大切な役割があるのじゃ。それを旦那は例の「ふんキャッチャー」に毎回納めてしまう。トイレット・ペーパーで上手にくるんで,「ふんキャッチャー」のハサミで挟んで「ふんキャッチャー」の容器の中に入れるだけじゃ。手慣れたもんじゃ。いかんいかん。感心している場合じゃない。マーキングの意味がないではないか!でも,一度出してしまった後は不思議と未練などないのじゃ。何のためのウンチじゃったのか,もう忘れてしまっているのじゃ・・・。情けない・・・。

 道路を歩くときも,旦那は一々細かいことを言う。道路の端を歩けと言うのじゃ。わしはできれば中央を歩きたい。車が来ても,車の方で避けてくれるではないか。旦那と一緒のときはもう車など,怖くはないのだ。ところが,旦那は思いきり強くリードを引っ張りやがる。首がちぎれそうじゃが,わしもこの時ばかりは負けてはいない。必死に抵抗を試みるのじゃ。でも,毎回旦那にしこたま怒られ,蹴飛ばされることもある。暴力反対じゃ・・・。くそー・・・。

 この続きはまたの機会に・・・。じゃ・・・。