6月19日(月)学年集会

公開日 2017年06月19日(Mon)

P1030595

 6月19日(月)週の初め朝の朝礼は学年集会です。1年生は体育館に集合して,今朝の講話の担当は恒松先生です。先生はご自分の高校時代のお話をされました。商業高校に入学して,商業の教員になるために一生懸命努力して,夢を実現されています。そして,高校時代一番辛かったのは,校内長距離走大会だそうです。先生が入学された年にいきなり始まったのだそうです。人生には辛いことはつきものですね。まさに,Durch Leiden Freude を体感されたわけです。完走したときの喜びは一入だったことでしょう。

P1030597

 2年生はプログラミング室で,川村先生が福沢諭吉のお話をされています。福沢諭吉は若い頃開国の気運が高まる中オランダ語を学ぶ必要を感じて,長崎へ向かいます。そこで懸命にオランダ語を習得した後,しばらくして江戸に移り住みます。横浜を訪れた際に諭吉は衝撃を受けます。横浜では英語が主流で自分が学んだオランダ語が全く使い物にならなかったのです。そこで,諭吉は今度は学友とともに英語の勉強に励みます。福沢諭吉のあらゆる困難を雄々しく乗り越えていく姿勢,ここにも Durch Leiden Freude が生きています。

P1030599

 3年生は視聴覚室で,お話は学年主任の西村先生です。7月1日からいよいよ求人票の受付が始まります。進路選択に向けての準備が本格化していきます。その一連の流れを西村先生は丁寧に説明されていきます。7月後半には三者面談があり,8月に入ると推薦委員会が始まります。それまでには進路目標を決定しなければならないのです。9月の16日以降,就職試験がスタートします。これからの2か月が3年生にとって集大成となり,正念場ともなるのです。Durch Leiden Freude. 誰もが通らなければならない道です。福山高校3年生頑張れ!(^^)/