7月5日(水)第25回霧島市・県立福山高校支援活性化対策協議会

公開日 2017年07月05日(Wed)

霧島市・県立福山高校活性化対策協議会 (1)

 7月5日(木)午後6時,第25回霧島市・県立福山高校支援活性化対策協議会が行われました。この会議は平成22年に始まったものですが,今回で第25回を迎えることになったわけです。平成26年度からは年3回定例で開かれています。霧島市主催で市や地域の方々が県立福山高校を特に募集定員確保のために支援していこうというものです。今回も霧島市の関係の方々や福山地区の公民館長,中学校,小学校,及び各団体の方々に加え,県議会議員や県教育委員会の高校教育課からもおいでいただきました。これまでの福山高校に対する支援の経緯や学校の取組等が報告され,会員の方々より質疑がありました。学科再編の可能性や県への小規模高校の振興・活性化に対する要請等について質問,意見が出されました。出席者の方々の福山高校を存続させていこうという熱意が感じられ,大変ありがたく思われました。学校のさらなる活性化のために努力していかなければならないと襟を正す思いでした。

 途中午後7時を回った頃,学校の西側の森からヒグラシの声が聞こえてきました。これほど明瞭に聞き取れたのは今年初めてです。小さな身体で,野鳥をしのぐほどの音量で存在を主張します。福山高校もこうありたいと思いました。ヒグラシも福山高校を応援してくれています。