7月9日(日)全商ビジネスコミュニケーション検定試験

公開日 2017年07月09日(Sun)

全商ビジネス文書実務検定 (4)

 7月9日(日)4週続いた全商検定の最後全商ビジネスコミュニケーション検定試験が行われました。この日はあいにくの雨でしたが,商業科の生徒たちは頑張って登校して来ました。前回はビジネス文書でしたが,今回はビジネスコミュニケーションです。どのような試験が行われるのかは正確には分かりませんが,ビジネスには,コミュニケーションが付きものです。もちろん社会生活を営む上では人と人とのコミュニケーションは不可欠でしょう。商業教育を受けながら,生徒たちは人と人との関わり方も身につけていきます。

『老犬コロの繰り言その17』です。・・・。

 
老犬コロの繰り言その17
PAP_0013

 1週間後,じゃから先週じゃ,旦那が金曜日の夜戻ってきた。へんと,ちょっと無視してやりたいのじゃが,ついわしは尻尾を振ってしまう。いや,1月に旦那の車に轢かれて以来,わしは上手に尻尾を振れなくなってきておる。年のせいか・・・。いずれにしても,わしは余り根に持たないタイプなものじゃから,つい愛想を振りまいてしまうのじゃ。残念じゃが,性分だから仕方がない・・・。

 先週土曜日の朝,わしはまだびっこを引いていたが,旦那が庭に出てくると,旦那を散歩いや視察に誘ったのじゃ。余り動き回れないものじゃから,わしは殆ど野放し状態じゃったが,さすがに自宅つまりわしの縄張りの外へ一人で出て行くわけにはいかない。(何故か?それは分からん。犬の野放しは違法だからじゃろ・・・。本当は怖いんじゃないかって?とんでもない!そんなことあるか・・・。あるわけないだろ・・・。)旦那はわしの様子を見て,しばらく思案しておったが,「じゃ,その辺ちょっとだけ歩いてみるか?」と言うてくれた。嬉しかった。わしは左前足を用心しながら,びっこ引きつつ,いつものように旦那の前を勇んで歩いたのじゃ。自宅を出て,お墓とは反対方向の左の道へ向かった。きつかった。いつもよりも,呼吸が激しかった。でも,わしは歩いたのじゃ。歩かなければならないのじゃ。途中最初の三叉路で旦那はいつもの右ではなく左へ誘導した。一瞬,えっと思ったが,旦那に従った。10メートルほど行くと,次の三叉路があり,そこを旦那はまた左へ行こうとしたのじゃ。それじゃ,すぐに家へ着いてしまうじゃないか。今度は旦那に逆らった。わしは無理矢理真っ直ぐ行こうとした。旦那は呆れて仕方なしに付いてきた。ぜーぜーと呼吸はひどくなっていく。わしらの呼吸は体温調節が目的なのじゃが,左前足が思うように付けないから,身体の負担はひどかったのじゃ。桜公園を前にして100メートルほどのところで,わしは突然違う道を行きたくなり,左へ曲がった。家からはどんどん遠ざかっていく。旦那はわしの様子を窺いながら,付いてきた。じゃが,結局そこからうまく旦那に誘導されて自宅へ向かう羽目になった。もうその頃はわしの疲労もほぼ限界で旦那に従うしかなかった。自宅に着いたときは,くたくたで最後の坂道もやっとこさ登り切った。旦那の奥様は旦那を叱っていた。わしは知らぬ存ぜんを決め込んだ。もうどうでも良かった・・・。

 この日の午後と翌日曜日の朝夕の視察を旦那はサボりやがった。奥様に叱られたからじゃろ。こっちも無理には催促をしなかった・・・。う~ん,痛い・・・。

 この続きはまたの機会に・・・。じゃ・・・。