8月13日(日)盆入り・・・

公開日 2017年08月13日(Sun)

PAP_0038

 8月13日(日)盆入りを迎えました。今年亡くなった叔父の所を訪ねると,家の中には誰もいません。鍵も掛けずに,ただ2つの盆提灯だけがぐるぐると青い光を放っています。仏壇の前にはお供えなども放置したままです。田舎って素晴らしい,と喜んでいいのか。余りにも不用心ではないか,と思いつつ,とりあえずお供えを置いて自宅へ帰りました。叔母はお寺に行ったのだろうか。念のために家人が電話するのですが,何回かけても話し中です。夕方再度足を運ぶと,叔母と従姉妹の2人だけです。初盆なのに,これだけ・・・。従姉妹は4人兄姉のはずだが・・・。何と,2人の従兄姉たちの所にもそれぞれ不幸があり,初盆が3つも重なったのだそうです。・・・。今朝は叔母は息子(叔母から見れば孫)を亡くした娘の所に出向いていたということです。電話は先日の雷のせいで使えないままだったのです。父母が亡くなり,叔父叔母とも少しずつ疎遠になり,従姉妹の不幸も伝わってこなかったことが少し寂しく思われました。叔母の家を出たその足でそのまま息子を亡くした従姉妹の家を訪ねることにしました。

 夕方吾平の町を車で走ると,多分1週間前に飾られた七夕飾りがまだ少し道路の両側に残っています。七夕もお盆も旧暦で行うのが田舎のやり方です。昔ながらの日本の伝統行事を大切にするという心は素晴らしいと思います。

 『老犬コロの繰り言その26』です。土日の散歩は朝夕2回で計4回,3連休になると6回になります。老犬は面白いことに,その4回または6回の散歩を少しずつコースを変えて歩きます。同じコースをたどることはまずありません。と言っても,全く新たな道を歩くこともありません。時々交差点で立ち止まり,思案することもあるようです。老犬なりに考えているのです・・・。

 
老犬コロの繰り言その26
PAP_0034

 最近つくづく人間世界ってのは愚かだなと思うのじゃ。旦那の音楽はさて置き,国の在り方とか国際関係の緊張とか,あれは一体何なんじゃ。もう少しお互い簡単に生きていくことはできんのかの。日本の上空をミサイルが飛ぶって,それはどういうことじゃ。人間は道路をきれいに作ってくれたり(お陰でわしはその道路というものに縛られ,幾分自由を失っとるが),「紗(さや)」とか「ビーフジャーキー」とかおいしいものを作ってくれてはおる(じゃが,わしは基本的にはドッグフードは余り好きではない)が,ミサイルって何じゃそりゃ。旦那が時折わしに投げつける「ふんキャッチャー」よりも痛いのかのお。いずれにしてもそういう奴が空から落ちてきたら,大変じゃろ。わしらだっていい迷惑じゃ。争い事は当事者同士が勝手にやってくれればよろし。昔の戦争っちゅうのはそういうものやったんじゃろ。関ヶ原の戦いにしろ山﨑の合戦にしろ,世間に迷惑を掛けないようにやってたんやろ。イギリスとフランスの百年戦争にしろ,その間は市民レベルではある程度交流があったそうじゃないか。お前,やけに詳しいなって?わしをただの犬と思うなよ。君ら人間とは頭の出来が違う。生活はシンプルそのものなんじゃ。それが一番なんじゃ。あれこれ権謀術数を張り巡らさずに,正々堂々と生きていくべきなんじゃ。生きるってことはそんなにややこしいことではない。判断の基準が,自分が得するかどうかというのは,愚の骨頂じゃ。得するかどうかではなく,正しいかどうかなのじゃ。正しいか正しくないかというのは,そんなに難しいことではない。ただシンプルに考えればそれでいいんじゃ。妙に事実をねじ曲げる奴が人間世界にはおるらしい。もっと賢うなれ。

 この夏は世界水泳とか世界陸上とかあったらしいのお。人間てのは本当にややこしいことをするのお。そもそもわしらには競走するという発想がないのじゃ。でも,それが人間社会を豊かにしたのかも知れんなあ。じゃが,逆に住みにくい世の中にしているのも事実じゃ。もっと,のんびりシンプルに生きていこうぜ。ボルトがこけたって?それがどうした。生きていればこけることぐらいなんぼでもあるさ。こけたら,また立ち上がればいい。ところで,わしの飯はまだか!気が利かんなあ・・・。

 この続きはまたの機会に・・・。じゃ・・・。