8月16日(水)第2回推薦委員会・・・

公開日 2017年08月16日(Wed)

375px-Tanna_japonensis[1]

 8月16日(水)お盆も終わり,再び生徒たちが登校を開始し,職員も多くが出勤を再開しました(多分・・・)。本当は16日は盆明け(送り火)と言い,ご先祖様を再びお見送りをする日なんだそうです。それでも,福山高校では推薦委員会が再び行われます。進学組の摘み残しと就職組のスタートでしょう。特に,夏休み以降3年生は連日一生懸命面接練習に取り組んできました。中には,お盆休みも返上して学校に練習に来た人もいたようです。面接練習というのは,ただ単に面接でうまく発言できるように,準備するのが目的ではありません。練習を通じて,進学・就職へ向かう心構えを整えて,面接の形だけではない人間的中身の成長が伴わなければ意味がありません。面接練習を通じて,3年生の顔つきがどこか変わってきたように思われます。多少なりとも,自分に対する自信みたいなものも芽生えつつあるように思われます。

 ところが,カメラマンは今日から夏季休暇に入りました。50キロ離れた肝付から3年生を応援したいと思います。肝付では夕方になると,ツクツクボウシが鳴き始めました。まだ,控えめではありますが,相棒のミンミンゼミを待っているように思われます。先日耳にしたと思ったミンミンゼミは多分カメラマンの勘違いだったのでしょう。「ミンミン,ミーン」という独特の鳴き声はまだはっきりとは聞こえません。ツクツクボウシにミンミンゼミが加われば,もう夏も大詰めです。夜,窓を開けたまま,小さなスピーカーながら比較的音量を上げて,楽劇〈ニュルンベルクのマイスタージンガー〉の前奏曲をかけたら,蝉の声が急に大きくなり,中でもヒグラシが一際高い声を聞かせ始めました。昼間休んでいたヒグラシは,やはり一番元気で,おまけに負けず嫌いなんだろうと思います。写真はヒグラシです。

 『老犬コロの繰り言その27』です。だんだん「そのいくつ」だったか,即座には分からなくなってきました・・・。

 
老犬コロの繰り言その27
P1030681

 わしは来客のない時は比較的自由に振る舞えるようになった。ところが,夜になるとしばしば縁側に繋がれてしまうのじゃ。何でも奥様が,「コロちゃんは繋いでおかないと,夜中に歩き回って疲れるから可哀そうでしょ。コロちゃん,あほだから歩いちゃうのよ。」と言って,旦那にわしを繋ぐように指示するんだそうじゃ。奥様の心遣いは誠にありがたいことじゃが,最後のセリフはちと聞き捨てならんな。わしにだって,わしなりの考えはあるのじゃ。どうせ,昼間は暑いから,縁側の下で横になっていることが多いのじゃ。その分気持ちのいい夜に歩くのは悪くないんじゃがのお。ただし,山の中なので夜は昼間以上に敵が多いのも確かなのじゃ。狸や猿はすぐ近くまでやって来ておる。正直,あいつらとは関わり合いたくはない。怖いんだろうって?な,何が怖いんじゃ・・・。怖いことあるかいな・・・。ここはわしの縄張りじゃ。奴らの勝手にはさせん・・・。爺さんが落花生の種を蒔いたことだし,ここはわしが一肌脱がなければいけないんじゃ・・・。じゃけど,もう目も耳も悪ければ,足腰も思うように動かないからのお。どうか余りこちらには近づかないでくれ・・・。

 昼間もたびたびわしは縁側に繋がれる。旦那は奥様にコロはもう年だから誰にも咬みつかないよ,と言うが,奥様は「分からないわよ。犬の嫌いな人もいるんだから。」と譲らないのじゃ。奥様の言う通りじゃ。犬の放し飼いは法律違反じゃ。わしだって,場合によっては,ガブリとやることだってできるんじゃ。今度一つ久しぶりに旦那に咬みついてやろうか・・・。じゃが,奥様の言葉の端々にはいちいち癇に障るものがあるのお。余り文句の言える立場にはないが・・・。散歩,いや視察の時のリードはわしにとって自由の象徴じゃ。リードに繋がれた瞬間わしは家の敷地の外に出て行けるのじゃ。視察から帰って来て,家の敷地に入ると,旦那はいつもリードを外し,「もう1回一人で行っといで。」と言うが,旦那は何も分かっておらん。犬の放し飼いはいけないんじゃ・・・。

 この続きはまたの機会に・・・。じゃ・・・。