8月17日(木)第3回推薦委員会・・・

公開日 2017年08月17日(Thu)

 8月17日(木)朝夕の散歩の際,少しずつ道端に蝉の亡骸を目にするようになってきました。時々休憩しながら,あるいは交代しながら,鳴いているとは思いますが,毎日鳴き続けてきたわけですから,あんなに小さな身体では身が持たないでしょう。鳥やカマキリに食われることもあるでしょうが,路上にほとんど生きていた時のまま死んでいる蝉を見ると,少々不憫に思われます。先日アスファルトの上に座り込んでいる(?)蝉を靴の先でつんつんすると,寝坊して慌てて飛び起きたかのように飛んで行ってしまいました。危うく蟻の餌食になるところでした。でも,木の幹や枝ではなく,道路に座り込むようでは限界なのかも知れません。老犬の方は何事もなかったかのように通り過ぎていきます。夏休みも残り2週間となり,福山高校では第3回推薦委員会が行われています。・・・。

 『老犬コロの繰り言その28』です。老犬はこの日も朝夕の散歩を行っています。老犬の歩く姿を後ろから見ていると,お尻の尻尾の付け根まで背骨が浮き出ているように見えます。昔お爺ちゃんがお風呂に入るときに見たときの様子が蘇ってくるようです,お爺ちゃんには尻尾は生えてなかったけれども。老犬の全身の毛を全部むしり取れば,お爺ちゃんのようにきっと皺くちゃの身体が出てくるでしょう・・・。

 
老犬コロの繰り言その28
P1030663

 「白人至上主義」って何じゃ?人間の値打ちってのは,肌の色だけで決まるのかい?「主義」ってことは,白人が最高と思っている人が複数いるということであり,集団化しているということだろ。その考え方がおかしいということは,ほんの少し考えただけで分かるじゃろ。どうかしているのじゃ。世界陸上見てみろ。どこが白人が最高なんじゃ。白人の中にも,黒人の中にも,そしてもちろんアジア人の中にだって優れた人はいるじゃないか。割合から見たら,陸上競技では黒人が群を抜いているだろ。優れた民族がいるのではなく,優れた人間はどの民族にもいるのじゃ。日本人の中にも,紫式部やイチロー,山中伸弥教授のような優れた人たちがいるじゃろ。それは日本人が他の民族に比べて優れているということではないのじゃ。それぞれの民族はそれぞれに優れた人材を出しているのじゃ。それぞれ素晴らしいのじゃ。優劣などごくごく部分的なことに過ぎんのじゃ。人間の中には愚かな人たちがいるのお。「白人至上主義」そのものが白人にとっては恥ずかしいことだろ。

 聞くところによると,人間世界では犬の種類によって値段が違うことがあるそうじゃないか。中には何万,何十万もする犬もいるそうじゃないか。わしは旦那の娘の友だちの家から貰われてきたわけだから,0円ということか?わしだって,れっきとしたハーフなんじゃ。(いや,クォーターか・・・?)柴犬にしては顔が長すぎるとか,いろいろ不満を言う奴がおる。随分失礼な話じゃ。そもそも我々犬に対して値段を付けるとはどういうことじゃ。「白人至上主義」と同じじゃないか。犬は犬として平等に扱ってほしいものじゃ。人間の世界では現にハーフが大活躍しているじゃないか。血統書付きって何なんだい?人間の世界はやはり毒されているのじゃ。不条理に満ち溢れておる・・・。

 この続きはまたの機会に・・・。じゃ・・・。