8月29日(火)消防点検・・・

公開日 2017年08月29日(Tue)

 8月29日(火)牧之原は今日も爽やかな風が吹いています。日向に出れば,もちろん汗ばむのでしょうが,室内や木陰にいるとそれほど暑さは感じません。蝉の声も随分遠くになりました。夏の間懸命に鳴いてきた蝉たちですが,もうすでにかなり淘汰されているのでしょう。福山高校の3階からは,ラッパやフルート,小太鼓の音が聞こえてきます。体育祭やその翌週の西牧之原敬老会のための練習が連日続いています。午前中の早い時間帯は部分練習なのでしょう。それぞれが勝手に気儘な音やリズムを奏でています。この音もそれなりに音楽として聞こえます。蝉の声はもう殆どバックグラウンドに押しやられてしまっています。でも,これら全てが廊下を歩く人の足音を含めて,ちょっとしたアンサンブルを形作っているのです。ジョン・ケージやスティーヴ・ライヒなら,堂々と音楽だと言い張るかも知れません・・・。

 10時前に霧島市消防局福山分遣所の方々が来校されまして,消防点検が行われました。管理棟から各教室のあるA棟,B棟,体育館から武道館に至るまで,全ての火災報知器や防火扉,消化器の設置状況などを点検されました。9日(水)には業者による消防設備点検が行われましたが,今回は消防局による点検ということです。無事適正に管理されているという評価をいただきました。校舎の案内を行っていると,あちこちで生徒の体育祭に向けての準備・練習に出くわしました。消防局の方々もご自分の高校時代を懐かしんでおられるようでした。代表の方は,先日救急救命講習の際にもおいでいただいた今年福山高校普通科を卒業した上之園健太君(舞鶴中出身)のお父様で,こちらは昨年健太君が応援団長を務めていましたので,それを思い出しながら感慨深げのご様子でした。

P1060222P1060223

P1060224P1060228