9月5日(火)ジョニー先生福山高校に現る!

公開日 2017年09月05日(Tue)

P1030984P1030986

 9月5日(火)福山高校に新しいALTの先生が来られました。ジェシカ先生に替わるALTは,イギリス出身のジョナサン・ウォルトン先生,通称ジョニー先生です。スコットランドに近いニューカッスル出身で,歴史やサイクリングを好むナイスガイです。可愛らしいジェシカ先生とは好対照の堂々たる風格です。イギリス紳士がまた福山高校に新しい風をもたらしてくれると期待されます。ジョニー先生は,最初英語で,次に日本語で挨拶をしてくださいました。日本語はほとんど話せないと言いながら,何度も練習されたのでしょう。初めてとは思えないほど,流暢で立派な日本語でした。そして,今回お鉢が回ってきたのは,生徒会会計の遠矢七夕さん(国分南中出身)なのでしょう,ジョニー先生を英語のスピーチで迎えてくれました。天晴れ!(^_-)

P1030989P1030991

 ジョニー先生の新任式の後は全校朝礼です。約束通り,校歌の収録が始まりました,と言いたいところですが,校長先生ご自慢の録音機器の不調で,この段階では収録はかなわず,一通り練習することになりました。最初に,何故か3年普通科の山下蒼麻君(国分南中出身)が校長先生に指名されて,全体の前に出てきて,「福山高校校歌」と声を張り上げます。蒼麻君はベートーベン賞の第1回受賞者でしたね。なるほど・・・。声もいい!蒼麻君の掛け声の後,生徒全員で「お聴きください!」と叫ぶと,3年商業科原口結衣さん(舞鶴中出身)の堂々たるピアノが登場します。なかなかの演出です。学年ごとの合唱に不安を感じられたのか,校長先生は1番から3番まで全員で歌うように指示されます。おそらく,金曜日の始業式の後,各クラス,学年で練習したのでしょう,始業式の時よりは見違えるほど(聞き違えるほど?)声が出ていました。さすが福高生!実際の収録は,本日の体育祭合同練習の合間に行うことになりました。集音マイク大丈夫かな・・・。(^_^;)