9月17日(日)台風18号襲来・・・

公開日 2017年09月17日(Sun)

 9月17日(日)台風18号がやって来ました。昼前に鹿児島県本土に上陸して,そしてあっという間に通り過ぎていきました。なかなか到着しない台風でしたが,大隅半島は拍子抜けするくらいあっさりと通過したのです。鹿児島よりは大分や宮崎の大雨が深刻なようです。大きな被害がなければいいのですが・・・。

 『老犬コロの繰り言その37』です。昼過ぎに老犬と文字通り集落の視察に出かけました。緑色の銀杏の葉っぱがたくさん落ちている中,裏山からはツクツクボウシが盛んに声をあげます。台風が再び夏を連れ戻したきたように思われます。台風は去りましたが,吹き返しの風がやや強く,お陰で夏の暑さは全くありません。鳥越集落は小さな木の枝や葉が少々散乱する程度で特に目立った被害はなさそうです。途中竹が倒れて道をふさいでいる所もありましたが,竹はもう懲り懲りです。(^^;

 
老犬コロの繰り言その37
PAP_0050

 台風18号とやらが,夜明け前に接近して雨風が次第に強くなって来おった。じゃのに,わしは縁の下に置かれたままじゃ。もう夜は明けようというのにじゃ。わしは放っておきかい!夜がすっかり明けきってから,ようやく爺さんと旦那の倅ががわしを家の玄関に入れてくれた。まだそんなに濡れとらんかったから,まあいいさ。

 玄関の中は風雨に悩まされないから,快適なんじゃ。じゃから,いつの間にか,そこが自分の部屋のような思い違いをしそうになった。旦那がおしっこしておいでと言うものだから,庭へ出て用を足すのじゃが,当然のごとくまた家の中へ入ってしまった。台風が通り過ぎた後も,しばらく庭を歩き回った後,何を考えてか,多分何も考えずにまた玄関の中に入ってしもうた。まだ,縁の下は濡れておったから自分の居場所はここじゃと自然に動いたまでのことじゃ。そして,そのまま横になりしばらくうとうとしてしもうた。じゃが,直に気が付いたんじゃ。台風が通り過ぎると,外の方がずっと快適なんじゃ。

 旦那が庭に出てきて,ようやくこの日の視察を開始した。実に快適な視察じゃった。多少葉っぱは散っておったが,わしからすれば全く問題なしじゃ。じゃが,集落の住宅街に入ったところで,ちびっこギャングに遭遇してしもうた。わしは小さな子どもが大嫌いじゃ。「ワンちゃんだ!」と言いながら無暗に近づいて来やがるんだ。旦那が「この犬は咬むよ。」と言うと,ようやくわしから離れて行く。その間わしはだんまりを決め込んでおる。触らぬ神に祟りなしじゃ。下手にこちらから愛嬌を振りまくと奴らはしつこいからのお。わしは旦那と旦那の家族としか,付き合いは持ちたくないんじゃ。わしはデリケートなんじゃ・・・

 この続きはまたの機会に・・・。じゃ・・・。