11月5日(月)全校朝礼

公開日 2018年11月05日(Mon)

P1010075

 11月5日(月)今朝は牧之原の住宅街の木立からけたたましいコジュケイの鳴き声が聞こえてきました。彼らの声は久しぶりに聞いたような気がします。そして,県道から福山高校に通じる路地を歩いて行くと,ウグイスたちが歓迎(警戒?)の歌声を聞かせてくれます。山鳩は相変わらず低音担当で地味ながら,意外といい味を出しています。カラスはいつもの通りで言わずもがなですけど,ヒヨドリたちも自分たちの季節の到来を感じてか,まだそれほど冷たくもない空気をつんざいてくれます。「見つめよう 自分の心と 体の健康」,今週の福山高校職員の週間目標です。教師の心の状態が爽やかでなければ,決していい教育はできないものです。教師はまず自らが幸福でなければなりません。不健康であってもならないのです。生徒たちの良きロール・モデルたる責任があります。生きる喜び,それを生徒たちに伝えるのも,教師の大切な役割なのです。「見つめよう 自分の心と 体の健康」,福山高校職員一同,今週はこの言葉を大切にしていきたいと思います。

P1010077

 今週の全校朝礼は,表彰式から始まりました。1年普通科の市川敬広君,敬大君(輝北中出身)兄弟が,第1回赤塚学園高校生イラストコンテストで優秀賞を受賞したのです。彼らは美術部員として,学校案内や芸術鑑賞会のチラシなど積極的にイラスト,図案等の発表を行っています。福山高校の美術部も次第に活発になってきましたので,是非ご注目ください。

 全校朝礼では,校長先生が,人に信頼されることの大切さについてお話されました。信頼というのは,お金では買うことのできない,しかしながら生きていく上で非常に大切なものなのです。校長先生はまた,文化祭を振り返り,大勢の地域の方々や小中学生も来校して大成功に終わった文化祭ではあったけれども,さらに貪欲に自分たちの文化のレベルを高める努力をしていただきたいと言われました。「青のち春」,福山高校生の「春」はまだまだ先にあるのです。これからもっともっと成長,成熟していかなければなりません。福山高校は今後さらに発展していかなければならないのです。Our Future Starts from here. 私たちの未来はここから始まるのです。

P1010081P1010086

 福山高校だより11月号が出ました。平成30年11月号[PDF:855KB]  新生徒会役員の発足や夢プラン講演会「構成的グループエンカウンター」など,9月末からの福山高校の学校の動きがよく分かります。文化祭関係の情報は,12月号で紹介いたします。なお,福山高校だより11月号は中学校や地域の関係機関には今週中にお届けいたします。地域の皆様も毎回回覧板でご覧いただけるのですが,こちらのブログのPDFファイルもご利用ください。

 保健だより11月号も出ました。保健だより11月号(ほけん便り(2018,11月号))[PDF:627KB] こちらは2日(金)に出ていたものです。トイレをきれいに・・・なんてことも書いてあります。また,人の心を傷つけてしまう「ちくちく言葉」と元気を与えてくれる「ふわふわ言葉」なんていうのも紹介してあります。是非お読みください。

 そして,図書館だより11月号 Library News No. 6 も発行されました。Library News No. 6 (11月)[PDF:1MB]「思考の整理学」という本が紹介されています。中高生の読書離れが叫ばれている今日,本から何かを吸収しようという知的好奇心を持ち続けることは大切だと思います。明治維新が現在ブームになっていますが,それほど歴史に関心がないカメラマンですが,20年ほど前に購入して埃を被ったままだった坂本龍馬を紹介した本に今取り組んでいます。余りにも価値観が違いすぎるので,格闘と言ってもいいかも知れません。たまたま加来耕三さんの講演を聞いて,気紛れで購入したのでしたが,ちょっと手を伸ばすには抵抗のある本でした。この本を読破したら,再びチェーホフに戻るつもりです。生きていくために大切なことを教えてくれる本,そのようなものをずっと追い続けていきたいですね。

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード