11月21日(水)今月のベートーベンの音楽「皇帝」,そしてベートーベン賞授賞式

公開日 2018年11月21日(Wed)

P1010268

 11月21日(水)今朝もウグイスはしっかり鳴いています。「ピッ,ピーピピッピー」とウグイスとは明らかに異なる鳴き方をする鳥の声も聞こえて来ます。ウグイスに負けないくらい美しい声です。ヒヨドリの鳴き方の別バージョンでしょうか・・・。まさか・・・。10月から福山高校の清掃時間の音楽は,芸術鑑賞会に合わせてギター特集を放送してきたのですが,今週から突然「11月のベートーベンの音楽」が始まりました。ピアノ協奏曲第5番変ホ長調作品73「皇帝」の第1楽章です。いきなりピアノの独奏で始まる華麗な,余りにも華麗な音楽です。ベートーベンの中期から後期に差し掛かるいわゆる「傑作の森」の時期に作曲された円熟の名曲ですが,発表当時は必ずしも広く受け入れられていたわけではありません。今日では,最も有名で高く評価されているピアノ協奏曲としてまさに「皇帝」と呼ばれるにふさわしい作品となっています。校内で流しているのは,内田光子のピアノ,クルト・ザンデルリンク指揮のバイエルン放送交響楽団の演奏です。名演です。そして,その合間には,先日の芸術鑑賞会の山下俊輔さんと志野文音さんのギターも流していきたいと思います。

 福山高校だより12月号の発行の用意が出来たようですので,いち早くご紹介いたします。10月27日の文化祭から,11月の芸術鑑賞会,吹奏楽部の第2回定期演奏会までの福山高校の動きがよく分かります。中学生や保護者,地域の皆様の所に届くのは12月になってからになると思われますが,是非次のPDFファイルをダウンロードしてご覧ください。平成30年12月号[PDF:1MB]

P1010271

 昼食時間になり,ベートーベン賞の授賞式が校長室で始まりました。1年普通科の髙﨑航汰君(国分中出身)は福山高校が誇る書道家です。正式の書道部は現在存在しないのですが,髙﨑君は率先して書に取り組んでいます。福山高校の校訓を盛り込んだ自作の詩も書にして,校長室に持ち込んできたのが始まりだったでしょうか。「福山百景」では,山下久治さんの詩を書にして,福山文化祭と福山高校文化祭両方において大いに盛り上げてくれました。素人だとは言いながら,独特の味わいのあるタッチが素敵です。髙﨑君の今後の活躍が大いに期待されます。

 そして,先日の文化祭まで生徒会役員として,福山高校生徒会を支えてきてくれた3年生5人にもベートーベン賞2(ローマ数字・・・)が贈られました。生徒会長の3年商業科神ノ門佳音君(国分南中出身),副会長の同じく商業科の遠矢七夕さん(国分南中出身),会計の普通科中元ひかるさん(牧之原中出身),書記の普通科唐鎌崇寬君(輝北中出身),斧駿介君(国分南中出身)の5人です。この1年間,生徒会の顔としてボランティア活動を含む内外の活動に積極的に取り組んできました。福山高校の歴史に確かな1ページを残してくれました。残り3か月,良き先輩として後輩たちの手本かつ助言者となっていただきたいと思います。とりあえず,お疲れ様でした。そして,ありがとうございました。

P1010274P1010275

P1010279P1010280

P1010282P1010283

 吹奏楽部を同好会から復活創部を経て3年間支えてきた3年生にもベートーベン賞2(ローマ数字・・・)が贈られます。部長でトロンボーン担当の遠矢七夕さん(国分南中出身)は生徒会とのダブル受賞,トランペットの池田美沙都さん(国分南中出身),チューバの吉村伊吹さん(国分中出身),もう一人のトロンボーンで唯一の普通科黒田零さん(国分南中出身),フルートの商業科の河野朱里さん(国分南中出身)の5人ですが,地域に愛される見事な吹奏楽部を作ってくれました。ツツジ祭りやはやま祭り,牧之原養護学校の運動会,西牧之原地区敬老会,福山文化祭等,彼女たちが参加した地域行事は福山高校文化祭,定期演奏会を含めると,とても片手では数えきれません。残りの1,2年生の吹奏楽部員が5人しかいませんので,是非新体制が軌道に乗るまでは,手助けして欲しいと思われます。お疲れ様でした。そして,ありがとうございました。

P1010295P1010285

P1010289P1010290

P1010291P1010293

P1010298

 2年商業科の竹下リアナさん(木原中出身)は福山高校の歌姫 Diva です。文化祭でも素敵な歌唱を聞かせてくれましたが,先日の吹奏楽部の第2回定期演奏会にも駆けつけてくれて,幕間のステージを担当してくれました。2曲歌った上に,吹奏楽部の「西郷どん」のテーマでは,島唄の部分をヴォカリーズで見事に表現してくれました。今後も福山高校の歌姫として,内外で活躍してくれることが期待されます。ベートーベン賞2(ローマ数字・・・)の受賞は当然でしょう。今日は,以上大量11名の授賞式が一気に行われました。今年は,これで1団体を除いて22名の人にベートーベン賞が贈られました。遠矢さんと河野さんをダブルカウントすれば24名になります。校長先生の心を打ち振るわせることができれば,ベートーベン賞は贈られます。今年はまだまだ受賞者が出て来そうです。(^_^)

 

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード