• 2017年10月19日(木)

    10月19日(木)文化祭準備期間4日目・・・

    P1060543

     10月19日(木)牧之原は朝から雨模様です。3階の美術室横の窓から見える空き地(?)には黄金色の花が一面に広がっています。セイタカアワダチソウでしょうか。かつて(今も?)一世を風靡して,外来種の代表のように悪者扱いされていたものですが,最近ではむしろススキの逆襲に遭っているようにも見えます。これだけ立派なセイタカアワダチソウの群生は今では珍しいのではないでしょうか。黄金に燃える季節・・・。本当にセイタカアワダチソウなのかな・・・。

     福山高校では,放課後になると文化祭に向けて,皆が一斉に動き出します。少しずつ形ができ始めているようです。武道館では1年商業科が恒松先生の指導の下,何やら合唱か何かの準備を進めています。3年生の旧生徒会役員もカメラを持って走り回っています。ライバルです。でも,情報発信は多分こちらが早いでしょう。

    P1060534P1060537

     1年普通科は教室で何かシナリオか歌詞みたいなものを紙に書いています。う~ん,文化祭間に合うのかな・・・。2年普通科は訳の分からないパネルを描いています。Future Fukuyama でしょうか・・・。

    P1060538P1060539

     2年商業科はまだ写真撮影やってます。頬に光る(?)巨大な水色は涙なんだそうです。CM撮影のようです。チェシャーキャットは3年商業科です。ルイス・キャロルの世界でしょうか。舞台の道具・・・?3年普通科の姿が見えません。進路学習室で作戦会議みたいなことをしていた人たちでしょうか・・・。

    P1060540P1060542

     途中図書委員会から,校内放送でビブリオバトルのお知らせがありました。文化祭当日の昼食時間に図書館で行うのだそうです。出場者の募集をやっているようです。毎日放課後案内をしています。こちらもお楽しみに・・・。(^_-)

  • 2017年10月18日(水)

    10月18日(水)第2回中高連絡会&第26回霧島市・県立福山高校支援活性化対策協議会

    P1060531

     10月18日(水)この日は福山高校にとりまして,大変大きな行事が2つありました。午後3時半からは福山高校会議室におきまして,本年度2回目の中高連絡会を開きました。霧島市,曽於市,鹿屋市の3市から10校の中学校の先生方にご出席いただきました。本会議前には,授業参観もしていただき,福山高校生の学校での様子をご覧いただきました。学校から様々な紹介を行いましたが,商業科の紹介では3年商業科下舞功大君(牧之原中出身)が登場してくれました。普通科の紹介を国語科の榎本先生が行った後,商業科の方は自然に下舞君が立ち上がり,淡々と説明していました。中学校の先生方からの福山高校への質問は,不登校傾向であったり障害のある生徒の受入体制についてのものが中心でした。福山高校は特別支援学校のような十分な体制が整っているわけではありませんが,担任,教育相談係,学年主任,養護教諭等通常の職員体制で,特別支援に取り組み,完璧ではありませんが,ある程度の成果は収めているところです。一方では,国公立大学への進学を希望するような場合でも,少人数制,コース制,または個別指導を行い,過去においても実績を上げています。一人一人の生徒を大事にして肌理の細かい指導をする,それが福山高校なのです。

    P1060533

     午後6時からは霧島市役所本庁国分庁舎3階庁議室におきまして,第26回霧島市・県立福山高校支援活性化対策協議会が行われました。7月の会に続きまして,今年度2回目の協議会になります。霧島市の主催による県立福山高校を存続かつ活性化させていこうという会ですが,霧島市の関係者を始め,地域公民館,市民団体,小中学校の関係者など40名近くの方々がお集まりになり,福山高校のために議論してくださいます。県教育委員会高校教育課からもご出席いただき,学科再編に関することなど委員の方々からの難しい質問に丁寧に答えてくださいました。多くの市民の方々の期待を一身に受けて,福山高校のさらなる活性化に向けて努力していかなければならないという決意を新たにしました。ご出席いただいた関係の皆様,本日は大変ありがとうございました。

     

  • 2017年10月17日(火)

    10月17日(火)文化祭準備期間2日目・・・

     10月17日(火)文化祭準備期間2日目です。相変わらず,先生方の意気込みは凄まじいものがあります。職員室では文化祭ステージの話題で持ち切りです。放課後少しずつ生徒たちも動き始めています。全員でダンスの練習をしているクラスもあります。教室がもぬけの殻になっていると思ったら,校内を歩き回りながら,写真を撮りまくっている人たちもいます。文化祭は10月28日(土)です。まだ,10日ほどありますので,生徒たちのエンジンの掛かり具合はまだまだのように見えますが,本番では体育祭の応援で頑張った感動を再現してくれるはずです。ステージだけではなく,バザーや展示もあります。JAやぼっけもん会,後援会など地域の方々も農産物や海産物,焼き芋の販売などで参加してくださいます。福山高校と福山のパワーを結集した,まさに,お祭りなのです。ご期待ください。(^_-)

    P1060526P1060528

  • 2017年10月16日(月)

    10月16日(月)キャンディ・レイ作り

    P1060524

     10月16日(月)文化祭準備週間に入り,夕方6時頃続々と保護者の方がやって来られます。文化祭のPTAバザーにおけるキャンディ・レイ作りです。職員室隣の応接室に集まった5名の保護者の方々とPTA係の宮野先生がキャンディを細長いビニールの袋に1個1個詰めていき,キャンディとキャンディの境目はぐるぐる巻いてテープで留めていかれます。実に細かい作業です。でも,何だか楽しそうです。わいわい冗談を飛ばしながら,童心に返ったように生き生きとされています。本日ご協力いただいた保護者の皆さんは,PTA会長の鈴木和弘さん(2年普通科),副会長山口敏夫さん(2年普通科),同じく副会長の八木かつみさん(3年商業科),幹事の下牧孝子さん(卒業生の保護者!),そしてPTA顧問の田平義人さん(こちらも卒業生の保護者!)の5名でした。卒業生の保護者の方々が,PTA活動に深く関わっていただけるというのが,福山高校PTAの凄いところです。その組織がやがて福山高校後援会へとつながっていくようです。本当にありがたいことです。5名の皆さん,本日は本当にありがとうございました。ついでに,宮野先生も・・・。28日(土)は,地域の皆さん,是非福山高校へ足をお運びください。生徒も,職員も,PTAも,みんな張り切って準備をしております。(^^)/

  • 2017年10月16日(月)

    10月16日(月)学年集会

     10月16日(月)今朝は月に一度の学年集会です。会議室での興奮が冷めやらぬうちに,早速1年生の学年集会が行われている体育館に足を運んでみました。

    P1060515

     1年生の今週の講話は普通科担任国語科の福元先生です。中間考査で自分なりに頑張った人,頑張りが足りなかった人・・・と生徒に挙手を求められています。頑張るということ,日々自分を成長させるということは生きていく上では絶対大切なことなのです。自分の心と身体が壊れるほど無理をする必要はありませんが,やはり昨日よりは今日,今日よりは明日,より素敵な人でありたいものです。何事にも頑張る人,前向きに取り組む人,それが福高生なのです。(^^)/

    P1060518

     2年生の学年集会はプログラミング室で行われます。今週の講話の担当は,商業科の日髙先生です。「思いやり」のある人について話をされているようです。「思いやり」のある人は,相手の気持ちを慮ることができる人です。想像力が豊かでなければいけないということでしょう。勉強をするということは,頭脳を鍛えるということですが,勇気や優しさ,忍耐強さといった感情は,もちろん怒りや憎しみも含めて,人の胸,つまり心臓にあるのではなく,学力と同じ頭脳の中にあるのです。「思いやり」も頭の中にあるのです。一生懸命頭を鍛えて,想像力豊かな人,思いやりに溢れた人になりたいものですね。(-_-)

    P1060520

     3年生の学年集会は視聴覚室。表情豊かな普通科担任国語科の榎本先生が芝居っ気たっぷりに楽しそうにお話しされています。黒板には「卜部兼好」と書かれています。もちろん吉田兼好のことです。有名な「功名の木登り」のお話のようです。人は危険なときや深刻なときよりも,気を抜いたときが一番危ないのだということです。3年生は少しずつ進路が決まりつつあります。中間考査も終わり,ふっと一息つきたいところでもあります。そんな時こそ油断大敵なのだということです。進路の決まった人は,これからの福山高校での半年間をどのように過ごしていくか,人としての生き方が問われているのです。少なくとも福山高校に在学している間は,修行中の身であることを忘れてはなりません。もちろん,人生そのものがまさに修行の連続なのですけど・・・。<(_ _)>

  • 2017年10月16日(月)

    10月16日(月)「魔がさす瞬間に 思いだそう 家族の笑顔」

    P1060523

     10月16日(月)今週の福山高校職員の週間目標は,「魔がさす瞬間に 思いだそう 家族の笑顔」です。事務室からの提案です。教職員たる者,気を抜いた仕事や邪悪なことは決してしてはならないわけですが,魔が差す瞬間もあり得るぞという戒めの言葉です。そんな時は,家族のことを思い出そうではないかというメッセージなのです。家族の笑顔を思い浮かべることができれば,我々は決しておかしなことはしないはずだということでしょうか。「魔がさす瞬間に 思いだそう 家族の笑顔」今週福山高校全職員はこの言葉を胸に真摯に質の高い仕事をしてまいります。

     と,みんなで心を一つにしたところで,選りに選って職員朝礼で,文化祭の職員合唱の練習が始まりました。仕掛け人は,こちらも選りに選って校長先生です。楽譜を黒板に貼り,キーボードまで用意されています。本番でのお楽しみですが,大変乗りのいい,ひょっとしたら校長先生以上に乗りのいい方もおられます。そう言えば,本日より福山高校は文化祭準備期間に入ります。職員合唱が一番張り切っているように見えますが,これでいいのでしょうか。でも,朝から会議室から歌声が聞こえる学校って素敵ですね。やはり,音楽は素晴らしい・・・。(^_^)

    PAP_0128PAP_0127

  • 2017年10月15日(日)

    10月15日(日)あっと言う間に10月も半ばを迎えました・・・

     10月15日(日)あっと言う間に10月も半ばを迎えてしまいました。朝から雨模様で天候は優れませんが,どんよりした天気が秋らしいと言えば秋らしくも思われます。カズオイシグロの小説(読んだことないけど・・・)みたいと言ったら,多分意味不明という誹りを受けなければならないのでしょう。カズオイシグロの作品,みんなが大騒ぎしなくなったら,手にとってみようと思っています。数年前二男が興味を持ったために,そして会うALTみんな絶賛するものですから,村上春樹の作品のいくつかに飛びついたのですが,こんなに面白くていいのだろうかという不思議な印象を持ちました。20年ほど前,当時注目されつつあったロシアの作曲家シュニトケに飛びついたときも同じようなきまりの悪い感情を抱かされました。しばらく距離を置こうと思い,村上にもシュニトケにも全く触れなくなりました。余り流行には飛びつかないことにしたのです。最近家人が何故か村上春樹の文庫本を持っています。少し気にはなるのですが,遠目に眺めていることにしています。

     『老犬コロの繰り言その44』です。小雨の中,老犬と散歩に出かけました。昨日は老犬は朝夕2回とも桜公園までたどり着かず,途中で引き返すか,コースを変えてしまいました。ところが,今朝は何度も躊躇いながら,最終的に桜公園に着いてしまいました。躊躇いながら,老犬は何を考えているのでしょう。自分の後ろ足の具合でしょうか・・・。かなり弱ってきているのは確かなようです。

     
    老犬コロの繰り言その44
    PAP_0118

     わしが住んでおる肝付町後田鳥越という所は異常にカラスの多いところじゃ。鳥越というくらいだから,昔から鳥が多い所なんじゃろう。夕方になると,文字通り夥しい数のカラスが集落の上を越えて行くのじゃ。愛宕山の頂上付近で,みんなで旋回を繰り返しておる。そして,何が言いたいのか分からんが,ギャーギャー汚い声で喚くのじゃ。騒々しいったらありゃしない。と言っても,わしの耳には今では殆ど聞こえないのじゃが・・・。ただ,カラスが飛び回っている様子を見れば,その声が聞こえてくるように思われるのじゃ。旦那は,奴らはわしが死んだら,わしを食うつもりなんだと言うが,わし一人(一匹!)の身体では奴ら全員分にはとても足らんじゃろ。おそらくカラス同士,わしを巡って物凄い争いが起こるはずじゃ・・・。う~ん・・・。わしは何を考えているんじゃ・・・。

     わしの後ろ足は今では自分の後ろ足ではないような気がする。特に,立ち止まっていると,次第に勝手に後ろ足が曲がり始めるのじゃ。歩いておるときは,それほど気にならないのじゃが・・・。横になっているときももちろん気にならないのじゃが,急に起き上がるとやはり身体の前と後ろがバラバラのような気がする。向きを変える際にも,時折尻餅を付くことがあるのじゃ。旦那はそれを見て,「何だ,お座りできるじゃないか!」と抜かしやがる。これはお座りではない!自分の意志に反して,後ろ足が曲がってしまうんじゃ。思うように後ろ足を曲げることができないのじゃよ・・・。晩年の夏目漱石よろしくわしの肉体はぼろぼろじゃ・・・。漱石はまだ40代だったそうじゃから,人間としてはまだ随分若かったようじゃが・・・。わしの方は,もう寿命が迫っておるのかのお・・・。福山高校の学校薬剤師山形先生のところの犬は17歳まで生きたそうじゃ。とりあえず,わしもそれぐらいは生きたいものじゃ・・・。あと2年半か・・・。

     この続きはまたの機会に・・・。じゃ・・・。

  • 2017年10月14日(土)

    10月14日(土)牧之原中学校創立70周年記念式典&国分南中学校統合50周年記念式典

    P1040373

     10月14日(土)福山高校の正門前の畑では蕎麦が白い花を付けています。8月の終わりか9月の初め頃,近所のご夫婦が種蒔きをされていたのを思い出しました。蕎麦の白い花も里の秋を彩る貴重な風景ですね。隣ではサツマイモも収穫の時期を待ち構えています。ご夫婦は,一反(約10アール)ほどの畑に少しずついろいろな野菜を植えておられるようです。それこそ楽しみながら,土をいじっておられる様子で,素敵なご夫婦でした。

    C4f1f977ff02407da8d7cbee97381565

     今日は牧之原中学校の創立70周年記念式典が行われました。その式典に花を添えるために,福山高校の吹奏楽部も招待されました。地域の方々も大勢出席されており,大変熱の籠もった演奏を披露し,とても喜んでおられました。まだまだ発展途上の吹奏楽部ではありますが,来週の福山文化祭,そして次の週の福山高校文化祭と活躍の場は多く,日々練習に励んでおります。

    DSC_0089DSC_0092

      一方,国分南中学校におきましても,この日統合50周年記念式典が行われました。今年3月閉校になった福山中学校を含めると5つの中学校が統合されて今日に至るということのようです。こちらは500名を越える生徒数を誇る大規模の中学校ということで,吹奏楽部とダンス部が式典を大いに盛り上げていました。明日15日(日)にはその吹奏楽部とダンス部の定期演奏会が霧島市民会館で行われるということです。

  • 2017年10月13日(金)

    10月13日(金)木原中学校高校説明会

    P1060512

     10月13日(金)の午後,木原中学校で高校説明会が行われました。木原中学校は全校生徒26名の小さな学校ですが,毎年のように福山高校へ入学者を出してくださっています。今回は教務主任とともに,木原中学校卒業生の1年商業科竹下リアナさんが同行しました。竹下さんは体育祭で1年生赤団の応援団長を務めただけあって,堂々と福山高校のPRをしてくれました。木原中学校の生徒の皆さんも先生方も成長した竹下さんの姿に驚き,感嘆の眼差しを送っていました。これで,ほぼ中学校での高校説明会は終了したようですが,多くの中学生の皆さんに福山高校を選んでいただけるように祈り,かつ期待しております。福山高校は中学生に選ばれる高校をこれからも目指してまいります。

  • 2017年10月13日(金)

    10月13日(金)ヒロノブ,随分大きくなりました・・・

    P1060490

     10月13日(金)中間考査3日目最終日,職員室廊下の窓の外の蜘蛛が脱皮を繰り返し,順調に成長していました。9月8日(金)に最初に発見した蜘蛛です。(9月8日のブログご覧ください。)ずっとそこにいるのは,分かっていたのですが,あれからも脱皮を繰り返していたのですね。時折見守ってきたつもりでしたが,立派に成長していたのに改めて気付き,この蜘蛛がさらに愛おしくなりました。感動しながら蜘蛛を見ているところに,進路指導主任の数学科寺尾博信先生が通り掛かりました。「この蜘蛛に『ヒロノブ』と名前を付けていいですか。」と尋ねると,「いいですけど,そんなに立派になりますかね・・・。」という答えが返ってきました。(実はこの下りは11日のことでしたけど・・・)そういうわけで,ヒロノブはこれからもさらに脱皮を続け,本物に負けないくらい立派に成長していきます。少々,落ち着きのないヒロノブですけど・・・。でも,写真集を出したいくらい美しい蜘蛛です。実に平凡な蜘蛛ではありますが・・・。(^_^)

    P1060489P1060492

     福高生もこの蜘蛛のように,脱皮を繰り返し,日々成長していくのだろうと思います。ヒロノブに負けないくらい立派になるはずです・・・。